早く気づいて・早く逃げて

DVからの脱出の経緯について書いています。

【書籍】DV・虐待加害者の実体を知る

 

DV・虐待加害者の実体を知る

DV・虐待加害者の実体を知る

 

 加害者について学ぶのに役に立った書籍を紹介します。

分厚くて長いですが、目次を見て、要るところだけ拾い読みしてもよいと思います。

 

「ああ無駄なんだな」「話し合いはできないんだな」「反省できる脳ではないんだな」と、すと~んと納得できました。特に、『自分が悪ったのかも』『もっと話し合いできなかったか』等、引きずっている状態のとき、きっぱり諦めがついて、先に進むのに役立ちました。

 

何より、「自分は悪くなかったのだ」と確信するためにも、是非とも手に取ってほしいです。

 

分厚くて高価な翻訳本なので、経済的にきつい当事者が購入するのは難しいかもしれませんね。

蔵書にある図書館もあるかもしれません。図書館に購入していただくこともできるでしょう。サポートNPOは所有していることが多いと思うので、見せていただくのをおすすめいたします。

 

<目次>

■ 第1部 加害者の考え方

第1章 虐待の謎
第2章 DV神話―まちがった俗説
第3章 DV加害者の考え方
第4章 DV加害者のタイプ
■ 第2部 親密な関係でのDV加害者

第5章 虐待はどのように始まるのか
第6章 日常生活でのDV加害者
第7章 DV加害者とセックス
第8章 DV加害者と依存症
第9章 DV加害者と別離
■ 第3部 社会とDV加害者

第10章 DV加害者はどんな親か
第11章 DV加害者とその味方
第12章 DV加害者と法制度
■ 第4部 DV加害者を変える

第13章 DV加害者はどのように作られるのか
第14章 変化へのプロセス
第15章 虐待のない世界を創る

 

<早く気づいて・早く逃げて>

#DV 

#ドメスティックバイオレンス

#DV加害者 

#DV被害者 

#DVは犯罪です