早く気づいて・早く逃げて

DVからの脱出の経緯について書いています。

これが最後と、周りに助けを求めてみた

つぶやきより

✴︎ 出先で、編集がうまくいかなかったので、見づらいですが、ご了承くださいませ。戻ったらフォーマット整えます。

✴︎ 手動で、できる限り整えたのに、ネットワークの不調で、編集前に戻ってしまいました。がっくりきています。できる限り復旧したいです。

 

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは?

「パートナー等の親密な関係にある(あった)カップルの間でふるわれる暴力」のことである。内閣府の調査(2012年)によれば既婚女性の3人に1人がDV被害を経験し、23人に1人の女性が生命に危険を感じる程の暴力を受けていることが報告された。

また、警察の犯罪統計(2011年)によれば、配偶者間における犯罪の被害者は、暴行事件は93.2%、傷害事件は93.6%、殺人事件は56.3%が妻である。

暴力というのは本質的に理不尽なものであり、「安心」「自信」「自由」という人間らしく生きる権利を奪うものである。

これは家庭内の個人的夫婦の痴話喧嘩という次元をはるかに越えた社会構造の中にあり、またジェンダー(社会的、文化的性差。いわゆる男らしさ、女らしさ)による不平等と関係するような価値観、伝統、習慣などが複雑に絡み合っていると考えられる。

▪️たとえ夫婦であっても個々とした個人の人格があり、妻は夫の所有物ではない。

家庭内の個人的夫婦の痴話喧嘩という次元をはるかに越えた社会構造の中にありたとえ夫婦であっても個々とした個人の人格があり、妻は夫の所有物ではない。

妻は夫の所有物ではない。

 

●DVの本質・パワーとコントロール(力と支配)

身体的暴力・・・殴る、蹴る、引きずりまわす、物を投げつけるなど

心理的暴力・・・大声で怒鳴る、罵る、脅すなど

経済的暴力・・・生活費を渡さないなど

社会的暴力・・・女性の行動の制限など

何よりも辛い事は身体に受けた傷やアザだけでなく、目に見えない心に受けた傷が被害者女性にとって一番辛く、長い時間をかけての心のケアを要する。

心理的暴力もまた身体的な暴力とほぼ同等であると考えられる。

身体に受けた傷やアザだけでなく、目に見えない心に受けた傷が被害者女性にとって一番辛く、長い時間をかけての心のケアを要する。

心理的暴力もまた身体的な暴力とほぼ同等であると考えられる。

 

▪️いつも彼の機嫌をそこなわないように気を使っていませんか?

彼を怒らせないためにあきらめたことがいろいろありませんか?

あなたが怖いと感じたらそれは暴力、あなたが不自由だと感じたらそれは暴力です。

あなたが怖いと感じたらそれは暴力、あなたが不自由だと感じたらそれは暴力です。

 

●暴力が与える精神的影響

・恐怖と不安 = 安心、安心でない状況

・無力感 = 自信がもてない

・行動の選択肢がない = 自由がない

予測不可能な突然の激しい暴力がいつ起こるかわからない、安心で安全な状況にない日々を恐怖で過ごすことは、精神的、肉体的に大きなダメージを受けると言ってもよい。

身体的、心理的暴力により、被害者女性は「私がいたらないから」「私が悪いから暴力をふるわれる」と自分を責めていくようになる。

安心で安全な状況にない日々を恐怖で過ごすことは、精神的、肉体的に大きなダメージを受けると言ってもよい。

✴︎身体的、心理的暴力により、被害者女性は「私がいたらないから」「私が悪いから暴力をふるわれる」と自分を責めていくようになる。

 

●加害者(バタラー)の特徴

職業の有無や教育レベル、職種(大学教授、大企業の管理職、弁護士、警察官など)、学歴、階層に関係なく起きている。

アメリカでは、防止法ができてもバタラーが見逃され野放しになり、DV被害が継続した。バタラーとは自己コントロールの下手な男性だという誤解と、DVは自制心の喪失による「暴力の自然爆発」だという偏見があったことが、その大きな原因である。

バタラーとは、妻を強制的に服従させるために「暴力を選ぶ男たち」であって、DVとは「恐怖による支配」である。

・外面(公)と内面(私)の不一致

・矮小化と否認

・被害者非難と責任逃れ

・多様な支配行動

・嫉妬心と所有欲

・子どもの利用と虐待

・酒・薬物への責任転嫁

・自己変革への抵抗 など

(参考文献 森田ゆり「エンパワメントと人権」解放出版社 同「癒しのエンパワメント」築地書館 藤森和美「被害者のトラウマとその支援」試信書房 

沼崎一郎「なぜ男は暴力を選ぶのか」かもがわブックレット 同 特集 DV法をめぐってより 敬称略)

 

・外面(公)と内面(私)の不一致

・矮小化と否認

・被害者非難と責任逃れ

・多様な支配行動

・嫉妬心と所有欲

・酒・薬物への責任転嫁

・自己変革への抵抗

防止法ができてもバタラーが見逃され野放しになり、DV被害が継続した。

 

▪️DVチェックシート

あなたは被害者になっていませんか?

・うまくいかないことがあると、すぐに私のせいにする。

・いつも彼の機嫌をそこねないように気を配っている。

・彼に怒られるのがいやで、言うことを聞いてしまう。

・癇癪を起すと、壁をなぐったり、物を投げたりする。

 ※ 出典:沼崎一郎著「男は何故暴力を選ぶのか」より抜粋。

一つでもチェックがついたらDVの可能性があります。

一つでもチェックがついたらDV

 

▪️夫婦げんかは犬も食わない、などと言いますが、DVは夫婦げんかというような生易しいものではありません。DVは、犯罪なのです。

統計的事実が物語るように、DVの問題は、決して特殊で例外的なことではありません。また、夫婦げんかや男女の気まぐれという次元ではなく、陰湿で、継続的で、ときとして生死の関わるような深刻な問題です。

✴︎夫婦げんかは犬も食わない、などと言いますが、DVは夫婦げんかというような生易しいものではありません。DVは、犯罪なのです。

 

▪️見逃してはいけないことは、DVの加害者は「暴力」という手段・方法を意図的に選択しているという点です。

例えば、あなたの会社の上司が、部下を指導するために「殴る」「蹴る」という手段を用いたら、大問題になるでしょう。そうではなく、口頭や書面で注意したり、時には一喝したりすることもあるかもしれませんが、いわゆる暴力とは違う方法をとって行動しています。それが、親密な関係のパートナーなら許されるでしょうか?

男性が女性に何かを伝えようとするとき、相手が夫婦や交際相手だからといって、暴力が正当化されていいわけはありません。暴力は、どんな状況においても、犯罪なのです。

 

▪️人間的魅力が薄っぺらくて、暴力以外に自分の力をオンナにアピールする方法を知らないのです。 厳しいことをいうようですが、オトコは1度オンナに手をあげると、もはやなにをしようとも矯正がききません。女性が変わってもそのうち同じことをはじめます。どうしてか?

✴︎人間的魅力が薄っぺらくて、暴力以外に自分の力をオンナにアピールする方法を知らないのです。

 

▪️「金銭的な制限によって、相手を身動きの取れない状況に追い込む」のが経済的DVの判断基準になるので、客観的にみて生活できるかどうかがひとつの目安になるだろう

 

▪️「またモラハラが始まった。でも仕方ないよね。言ってもわからないよ。だって相手は、自己愛性人格障害だから。」

▪️性格なら治る可能性があるが障害は難しい。そのため心身ともにボロボロになるまで、なんとか対策を頑張るが最後に力つき、離婚することになった人がたくさんいる。

 

▪️ドメスティック・バイオレンス

DVの相談を受けた時にしてはいけないこと

×相談内容を了承なしに第三者に話す

×被害者を責めたり、否定的な発言を する

×自分の意見を押し付ける

×相談内容を加害者に確認する

×からかったり、冗談でごまかしたりする

 

<私たちにできること>

DVの相談を受けた時にしてほしいこと

○相手の話をありのままに受けとめる

○「あなたは決して悪くない、自分を 責めないで」と伝える

○被害者と子どもの安全を確認する

○病院や警察に行く時に付き添う

○できれば相談窓口や専門機関への 相談を勧める

 

▪️はっきり言って、DV夫とは、相手の痛みが理解しにくい人格異常であるため、相手が嫌がっていることを共感共鳴できにくいのです。だから普通に対応・対策してもDVは治りません。

・精神的な向上意欲や自己改善の願望が無い限り、加害者は自らの暴力性と向き合い、自分のDV性を治そうとはしません。ほとんどの加害者は、自らのDV改善の道に乗り出しても、多くは途中で挫折します。

・しかしDV加害者本人の多くは、罪悪感が欠如しています。 そのため、なかなか「自分が悪いことをしている」と認めるには至りません。 屁理屈を付けて、パートナーの責任に転嫁します。

・人前では「自分が悪かった」と申し訳なさそうな顔をしても、家に帰ると再びDVが始まって、加害者が恥ずかしい思いをしたとして、被害者にますますエスカレートした暴力をふるいます。

 

■ 経済的暴力 ・生活費を渡さない ・生活費の使い道を細かくチェックする などの行為

 

▪️内閣府調査より

DVは、夫婦というプライベートな関係のなかで、社会の性差別構造を背景に、力関係において優位に立つ男性が暴力を使って女性を支配することである。 すなわち、家庭という閉ざされた空間において、男性から繰り返しさまざまな暴力(身体的暴力、精神的暴力、経済的暴力、性的暴力等)をふるわれることによって、女性の生きる力や自己肯定観が奪われ、暴力的環境から逃れられなくする一連の行為が DV なのである。

▪️内閣府調査より

「誰のおかげでたべ食べられると思っているんだ」と言い放つ行為や「お金を妻に一切渡さない」といった行為 は、夫婦関係における男性の優位性を誇示する典型的な経済的虐待である。 車輪の内側の隠れた暴力と車輪の外側の明らかな暴力は相乗作用によって暴力の効果を高め、より強固な支配・被支配関係をつくりだしていく。

▪️内閣府調査より

リスク要因 これまでの実証研究によると、(中略)男性の仕事役割の失敗、男性のアルコール依存等があげられる。 (中略) さらに、男性のアルコールの多量飲酒と DV との関連性については日本においても指摘されている点である。

 

▪️DVにおける暴力は、身体的・精神的なものから、社会的・性的なものまで幅広く、また暴力の程度もそれぞれに違います。 そのために「それがDVなのか?」「このくらいで?」など軽視されることも多く犯罪としての認識度は大変低いといえるでしょう。

しかし、DVは、人の体・心・人生にも大きな傷を与える「立派な犯罪行為」です。

 

■DVの背景

加害者は、会社・学校・地域などの社会環境でのストレスが蓄積、ストレスからくる発散のための支配欲。DVは一種の支配・コントロールの一つの形態。 そこにおける被害者、加害者の構図は加害者が男性、被害者が女性と言うパターンがほとんどである。 これらも、女性差別からくる「男性は女性は支配できる」と言う考えからなのでしょう。

▪️なぜDVが起こるのでしょう? その背景にあるものを考えたときに、やはり女性差別の存在とストレス社会の現代との合わせ技一本。

 

▪️DVは一種の精神的障害の病気でもあり、人格や気質の改善は非常に難しいといわれています。 こんな夫にしたのは貴女の責任とか、貴女にも責任がある、などよく耳にしますが、それは全く本人やその家族の責任転嫁であり、DVは決してあなたの責任ではありません。

 

■“自撮りとサイコパス”の関連性 自撮りばかりを投稿する男性は、“サイコパス(精神病質者)”の傾向が強いという研究結果がある。

心理学博士・精神病理研究の先駆者であるロバート・D.ヘアによると、サイコパスとは、良心が異常に欠如している、他者に共感しない、平然と嘘をつく、自己中心的、口がうまくて表面はとても魅力的といった、反社会的な性質を持つ人のことを指す。

 

▪️おかしいじゃないか、妻の前だけ暴れて、他の奴らの前では優しい旦那だ、何て。 見ろよ、すっかり騙されて。 おかしいのは、旦那の方だって、ほとんどの奴が気付かない。 異常だろ? で、その異常を作り上げているのは、誰かって考えたら、一人しかいねえ、旦那、だよ。

▪️だから、信じられないんだよ。 何でもパフォーマンスで、ポーズだけで、中身がないそんな風に感じるんだよな。 そのくせ、俺は一生懸命やってます、頑張ってます、いい奴ですって、褒めて褒めてって、アピールしているみたいで、うざい。

▪️人にやってもらうことは、当たり前って顔して、座っているだけの癖して 自分が人にやったことは、どうだとばかりに、話したり、大袈裟にアピールしたり、お礼を言われれば滅茶苦茶喜んでいつまでも話題にしたり、やっぱりうざいんだよな。

 

▪️ジキル・ハイドは、外面と内面の使い分けが、極端になった人です。家の外では、優しく丁寧で親切に明るく振舞いますが、家族の前では、暴君と化し、怒鳴る、当たる、厳しい、冷たい。言葉使いすら変わります。家庭の外には、決して、家庭内のことを漏らすことを許しません。ジキル・ハイドのいる家庭は、隠すこと、欺くことが当り前になります。そのままの自分を受容し、愛するということが、許されないことになってしまうのです。

 

▪️メシも食わせず 洗濯もさせず 風呂にも入らせずに 人間として恥ずかしくないのかね。

 

▪️怒鳴る人は、脅威を感じると、怒りで誤魔化そうとします。勝手に攻撃だと勘違いして、戦闘態勢になり、大声で威嚇することもあります。先に怒った方が勝ち、大きな声を出した方が勝ち、とにかく怒鳴れば、すべてが解決され、自分の思い通りになると信じています。怒鳴る人がいる家庭内は、いつも緊張に満ち、火山のそばで暮らしているようなものです。そして、怒鳴る人以外の怒りは許されないので、他の家族の深い悲しみに満ちた怒りが溜まっていきます。

 

▪️お風呂に入ってると ドアをガンガン蹴っ飛ばす。 シャワーの音が止むまで。 これって立派なDVなんですけども・・ モラハラ〜❗️ パワハラ

 

▪️加害者が一番恐れていることは、「被害者が自分から去っていってしまうこと」です。そして矛盾しているようですが、それを防ぐために、被害者をつなぎとめようと暴力を使い続けます。

 

▪️多くの加害者は自分がDVだと自覚がなく、自分の非を認める人はほとんどいないのが現状です。 また、加害者は自己愛性パーソナリティ障害の他にアダルトチルドレンADHD=注意欠陥・多動性障害、AS=アスペルガー症候群や他の人格障害を併発されている可能性が多くあります。

 

▪️加害者の特徴は一定の人に執着する傾向があり、自分より下の人間にしか凶暴な一面を見せない傾向があります。 自分勝手にピラミッド方式の対人関係を作り、その中で人を選び危害を加えても良いと判断をした人にだけ暴力で支配するのです。

他人を支配=コントロールし自分勝手な世界を作り上げ 他人の心の隙間に土足で入り込み、平気な顔をし他人がどのような感情を抱いても本人には関係のない事なのです。

他人が自分を傷つけたり、自分の世界を壊そうとするのならば、全力で他人を傷つけ守ろうとします。 自分を傷つけ否定するのもは全て敵なのです。敵は排除するか、もしくは無理矢理にでも味方(支配)するでしょう。

常に自分が主人公で、自分の世界で生きているのです。 他人が主人公になったり逆らう事は絶対的に許されない、なんとも身勝手極まりない独裁者です。

他人の意見は一切聞き入れません。仮に聞き入れたとしても、それは自分より上の人間(有益な人)に対してです。

そのような人の特徴が言わば自己愛性パーソナリティ障害に当てはまると言われています。

・他人の粗探しが好き。悪口が大好きな人。

・初対面、目上の人、尊敬する人、異性に対して非常に愛想が良い。親切。

・自分は特別な人間だと思い込んでいる。他人が理解できないのは自分が特別な人間だから。

・他人に関心がない。自分が良ければ、興味がない。共感する事が出来ない。

・他人と自分を比較し、勝ち負けで判断する。 ・自分の価値観で人の幸せを決めつける。お金の有無、資産、年収、貯金、車や服装、持ち物でしか判断が出来ない。

・親しい友人や知人があまりいない。素を出せる人がいない。(長年付き合いのある人は自分にとって有益な人のみ。)

・自分に出来る事を他人が出来ないと見下す。優越感に浸る。また、他人が出来ない事を理解しない。

・他人を自分の価値観で決め付ける。評価を付ける。

・悪い事は人のせいにする。責任転嫁する、周りが全て悪いと思い込む。

・自分の弱みを人に見せない。認めない。

・無神経な事を平気で言う人。傷つけても構わない人。

・他人と他人を仲違いさせて喜ぶ人。自分が仲間はずれが許せない。常に自分中心なければいけない。

・嫉妬や僻みが強いが決して認めない。

・他人の意見に耳を傾けない。自分を客観的に見れない。

・批判的な意見に対して過剰防衛をする。他人が自分を傷つける事は決してタブーな事だ。

 

▪️加害者の特徴は一定の人に執着する傾向があり、自分より下の人間にしか凶暴な一面を見せない傾向があります。 自分勝手にピラミッド方式の対人関係を作り、その中で人を選び危害を加えても良いと判断をした人にだけ暴力で支配するのです。

✴︎「誰にでも心の闇はあるかと思いますが、それはあくまで自分の心でとどめておくべきであって、他人にぶつけるものではありません。」とFB友が言ってました。

✴︎「外でやると犯罪だとわかっていて内の中でしかやらないキタナイ奴」と刑事さんが言ってました。

 

▪️「自己の責任を他に転嫁する」タイプの人は、失敗するたびに人のせいにし、自分の責任は棚に上げ、被害者が悪いから自分が暴力を振っているということにしてしまいます。

✴︎もっと早く逃げればよかった

 

▪️始末がわるいのは、DVを起こす夫は支配欲や独占欲を妻に対しての愛情だと勘違いしている場合があり、その支配下にある妻は=自分の所有物であるかのように勘違いをします。その間違った思い込みにより、所有物である妻が自分の許可無く勝手に行動することを許しません。

✴︎私に対して理不尽な仕打ちがあったため、黙って同じことをやり返したらものすごい形相で怒鳴りだした。 同じことしただけだよ、こんなことされたら嫌でしょ?と言っても理解が出来ない。

 

■被害者を装う

加害者は対外的に、自分がいかに傷ついたか、被害者の面をつけて出していきます。 「あの人は攻撃的だ」「あんなことを言うなんて」「私は傷ついた」「こんなことをしたのよ」と、外に見せる行動では、あくまでも自分は被害者であると主張するのです。 その前に自分が何をしたか、何を言ったかは問題にならず、自分が被害者であると証明できるものは何でも、ときには事実を歪曲してまでもまわりに主張していきます。 加害者は、被害者を装った加害者なのです。

 

 ※ これが最後とダメ押し*1。〝生活制限〟と〝経済DV〟に耐え切れず、もう限界だった。

20160411

 *2

 <早く気づいて・早く逃げて>

#早く気づいて・早く逃げて #DV #モラハラ #DV加害者 #DV被害者 #DV啓発

*1:まだ奴らを信じて頼りにしてたんだ。バカだねえ。

*2:市役所に行ってから丸1か月

ようやく「何かできることない?」と言ってくれるひとが現われた。相談して、「ケーサツ電話しようか」と言ってくれた。〝血が出る話し・救急車の話し〟でなかったので、躊躇したのだが、これが結局、大いなる〝ブレークスルー〟になった。自分で思ってるより大ごとだったのだ。お巡りも快く話しを聞いてくれた。埋もれて大事件になることのほうを怖れていた。

〝大ごと〟意識や〝勇気〟がなかった。ためらわず、どこにでもコンタクトしてほしい。自分で思うより、ずっと〝事件〟だから。

20160411