早く気づいて・早く逃げて

DVからの脱出の経緯について書いています。

逃亡2日目・鬼の居ぬ間の洗濯

あまり眠れなかったけど

街歩きで時間を潰し

ビジネス・ホテルをチェックアウトして、ひたすら街を歩いた。

DVヤロウは今日、息子のところへ行くはずだから、午後には居なくなるはず・・

居ないであろう時間までじっくり粘ってから、おそるおそる家に戻る

「居ない・・・」

スケジュールを全て消して

SNSも何もかも全てブロックしてある。行動予定カレンダーのスケジュールを全て消した。これ以上、もう干渉されたくない何でも判ったような顔されたくない

とにかく洗濯をした。

明日からの逃亡生活を考えて、荷造りした。行動計画を立てて、友だちに連絡を取ったり、ビジネス・ホテルの予約をしまくった。こんな、一年で最も仕事の忙しい時期に、狙ったかのように、嫌がらせをする。こちらの足元を見て、身動きできないのを見越してるのだ。無意識で効果的な嫌がらせができるのが、始末に負えず、タチが悪い。

いま、仕事を休むわけにはいかない!

 

つぶやきから

 ・

20160305
<早く気づいて・早く逃げて>
#早く気づいて・早く逃げて #DVモラハラあるある #DV #モラハラ #DV加害者 #DV啓発 #恥知らず #恩知らず