早く気づいて・早く逃げて

DVからの脱出の経緯について書いています。

華麗なるDVモラハラ一族①

DVヤロウの息子の場合*1

世代間連鎖なのだろうか

脳の機能不全か?
症例:
 顕著な例:

1)想像力の欠如

  • 朝三暮四にひっかかる
  • 先が読めない
  • 空想できない
  • ひとの気持ちがわからない、考えない
  • スケジュールが立てられない
  • 計画ができない
  • 嘘をつくデメリットが理解できない
  • 勝手にお金を持って行くのを繰り返す
  • プライバシーの認識がない(注意するまで/しても状況が違うと)侵し続ける
  • 一部のマナーがわからない(あいさつなどワンパターンなものは大丈夫)
  • 自分の頭で考えられない

2)認識の困難

  • 事象から意味が読み取れない
  • ボディランゲージが全く通じない
  • 幾つか複合的なことを同時に言われると把握できない
  • 混乱しやすい、わからないとやり過ごして放ったらかすしかできない
  • 暗黙の了解は一切できない

 3)奇妙なこだわり

  • 本末転倒
  • 不愉快にさせる
  • 自己中
  • ほうれんそうできない
  • コミュニケーションできない
  • 目を合わせられない
  • 無表情

 4)並外れた不器用さ

  • ルーズ(提出物等々)
  • 短期記憶(トランプの神経衰弱NG)
  • 元にあったように戻せない(元を覚えられてないか認識ができていない)
  • 決まりきったワンパターンを好むのは考えられないせいか?
  • 自尊感情を持てない

 DVヤロウも全く同じ

※ 後から気づいても遅かったが、結局DVヤロウも全く同じだった。もちろん義父もだ。見事な世代間連鎖だった。最初に気づいたのは息子の症状で、困り果てて色々と相談するのだが、全く取り合わない。これだけ異常な事態に気づいていないか、問題視していない点で、既におかしかったのだ。生さぬ仲・自分の息子ではない点で、遠慮があったのも否めない。「母親から捨てられた子」という憐憫も、マイナスのバイアスになってしまった。

<早く気づいて・早く逃げて>
#早く気づいて・早く逃げて #DV #モラハラ #DV加害者 #DV被害者 #DV啓発

*1:前妻が、次男だけ連れて、長男を置いて出て行った。DVヤロウの説明によると「差別&ネグレクト」だというので、そのまま信じてしまったのが敗因。