早く気づいて・早く逃げて

DVからの脱出の経緯について書いています。

お金、返して

父への香典も出さず

父は急逝だったので

とるものもとりあえず駆けつけた

お通夜、その次の日の告別式と、慌しく続いた。とるものもとりあえず駆けつけたのもあって、近くのコンビニから下ろせる口座から、香典から何から諸費用を出しておいた。兄弟は喪主、私らは親族筆頭だった。最もメインの位置で、最高の供物を出す立場だった。父の交友関係、弟の仕事関係もあり、華やかな式になった。来客も数百人を数えたろう。香典も供物も何もかも全て、もちろんDVモラハラ夫の名義でだ。

その数十万円を、一円も出さずにバックレた返そうともしなかった、自分の名義で出されたにも関わらず。

奴の名前でなく、私の名前でなら、そんなに出さなくてもいい。親族筆頭の立場に立たなくてもいい。「家と家との付き合い」というものを一切知らないようだった、五十男にもなって。しかも、さらに義父母からも義兄弟からも、香典はおろか弔電さえ来なかったDVモラハラ夫は連絡すらしてなかったのではないか?それとも義父母も義兄弟も揃ってバックレたか・・。どいつもこいつも親が親なら子も子だった。何が一流商社マンだ。冠婚葬祭ひとつできず、息子たちに「お付き合い」も教えず、一流商社マンが聞いてあきれる。

この仕打ちは堪えた。

心情的にも、人間ではないと思った。

物理的にも、この数十万円で、私自身が身動き取れなくなった。なけなしだったのだ。

今も怒りがふつふつと込み上げる。

ただでさえ酷い経済DVで、医者に行く費用にも事欠く生活だったのだ。逃げる資金が全く無くなっただけでなく、今も続く困窮に拍車をかけた。備えが皆無になってしまったのだった。

私の家財道具も

弁護士さんのアドヴァイスで

こういうドケチは

どのツラ下げて、私の持って行った家財道具を、今も平気で使えているのか。

弁護士さんは、こういうドケチは、ひとのものも自分のものもないから、いま使っているものを持って行ったら、ストーカー化して追いかけてくる、と言った。大切にしてきた私のものなのに・・と忸怩たるものがあった。今も慙愧に堪えない。ストーカー化されるよりマシ、という断腸の思いで諦めて、置いて、脱出してきた。追いかけられない私物だけを持って・・。

恥知らず恩知らず ここに極まれり

家財道具も家電もなく、今も続く困窮生活を送っていると、今でもふつふつと怒りが込み上げてくる。〝怒りも口惜しさも手放すのが自分のため〟と理解はしているが、手放す前に、諦め、抑圧してきた感情を開放してやらなければ、抑圧がそのままトラウマとして閉じ込められてしまう。

悪口は美しくない。

けれど私たちは、どこかでこうした感情を開放しないと、先に進めないのだ。

こうしたブログとTwitterを、そのツールとして活用させてもらっている。

 <早く気づいて・早く逃げて>
#早く気づいて・早く逃げて #DV #モラハラ #DV加害者 #DV被害者 #DV啓発 #トラウマ克服