早く気づいて・早く逃げて

DVからの脱出の経緯について書いています。

私の分は?

DVモラハラあるある②*1

みんな喰っちゃったの?

 久しぶりに実家に行ったとき、渋滞で遅くなった私たちのために、お夕飯のご馳走を取り分けておいてくれた。お仏壇にお線香を上げたり、荷物を片づけたりしてから、食卓についたら、

カラの皿がある

あれ?私の分は?

遠くから取り寄せてくれた、山海の珍味の数々を、

ひとりでみんな喰っちまった

「私は何を食べればいいの?」「おなかすいてるんだけど」

モゴモゴ言い訳してるだけで、謝りもしない。初めてのことで、実家の者たちは『何かの間違い』と、その時は思ってくれたらしいが、『何かの間違い』なんてものじゃない。いつものことだ

のちのち「あれじゃ~ね~」と【酷い酷いエピソード】のひとつになった。

幾度言えば判る?!

 食べ頃の鍋の具、煮えばなを待っていると必ずさらわれる。

何が「煮え過ぎるから食べてあげようと思って」「思いやりを無にして」だ、バカヤロウ!

ひとのものには手を出すな」と幾度言った?!幾度言えば判る?!

たまりかねて「ドロボウ」((同じことを2度繰り返した時点で、家を出るトリガーになったと言ったら激怒した。図星だったんだろう。完全に見放した瞬間だった。

確信犯だろ、あれは

 ついうっかりとか、思いやりがないとか、気が利かないとか、そんなレベルじゃない。ひとに話すと、「そんな小さいこと」って言われるのが、非常にもどかしい。

「一緒盛りにするな」「一人分ずつ取り分けて出せ」って言われるが、そういう問題じゃない。会食の際、例えば中華の円卓で、ひとりで全部を食べてしまうわけではあるまい。選んでやってるのだ。本人に自覚がないのが、さらに始末が悪い。

悪いことしてる気がないのが終わってるが、言っても判らない・判ろうともしないところで、『【自覚なく】こちらを人間扱いしてない』と悟って、終わった

<早く気づいて・早く逃げて>

#DVモラハラあるある

#DV

#モラハラ

#DV加害者

#DV啓発

*1:Twitterお仲間さんとのやりとりから生まれました。