早く気づいて・早く逃げて

DVからの脱出の経緯について書いています。

お金、返して

父への香典も出さず

父は急逝だったので

とるものもとりあえず駆けつけた

お通夜、その次の日の告別式と、慌しく続いた。とるものもとりあえず駆けつけたのもあって、近くのコンビニから下ろせる口座から、香典から何から諸費用を出しておいた。兄弟は喪主、私らは親族筆頭だった。最もメインの位置で、最高の供物を出す立場だった。父の交友関係、弟の仕事関係もあり、華やかな式になった。来客も数百人を数えたろう。香典も供物も何もかも全て、もちろんDVモラハラ夫の名義でだ。

その数十万円を、一円も出さずにバックレた返そうともしなかった、自分の名義で出されたにも関わらず。

奴の名前でなく、私の名前でなら、そんなに出さなくてもいい。親族筆頭の立場に立たなくてもいい。「家と家との付き合い」というものを一切知らないようだった、五十男にもなって。しかも、さらに義父母からも義兄弟からも、香典はおろか弔電さえ来なかったDVモラハラ夫は連絡すらしてなかったのではないか?それとも義父母も義兄弟も揃ってバックレたか・・。どいつもこいつも親が親なら子も子だった。何が一流商社マンだ。冠婚葬祭ひとつできず、息子たちに「お付き合い」も教えず、一流商社マンが聞いてあきれる。

この仕打ちは堪えた。

心情的にも、人間ではないと思った。

物理的にも、この数十万円で、私自身が身動き取れなくなった。なけなしだったのだ。

今も怒りがふつふつと込み上げる。

ただでさえ酷い経済DVで、医者に行く費用にも事欠く生活だったのだ。逃げる資金が全く無くなっただけでなく、今も続く困窮に拍車をかけた。備えが皆無になってしまったのだった。

私の家財道具も

弁護士さんのアドヴァイスで

こういうドケチは

どのツラ下げて、私の持って行った家財道具を、今も平気で使えているのか。

弁護士さんは、こういうドケチは、ひとのものも自分のものもないから、いま使っているものを持って行ったら、ストーカー化して追いかけてくる、と言った。大切にしてきた私のものなのに・・とと忸怩たるものがあった。今も慙愧に堪えない。ストーカー化されるよりマシ、という断腸の思いで諦めて、置いて、脱出してきた。追いかけられない私物だけを持って・・。

恥知らず恩知らず ここに極まれり

家財道具も家電もなく、今も続く困窮生活を送っていると、今でもふつふつと怒りが込み上げてくる。〝怒りも口惜しさも手放すのが自分のため〟と理解はしているが、手放す前に、諦め、抑圧してきた感情を開放してやらなければ、抑圧がそのままトラウマとして閉じ込められてしまう。

悪口は美しくない。

けれど私たちは、どこかでこうした感情を開放しないと、先に進めないのだ。

こうしたブログとTwitterを、そのツールとして活用させてもらっている。

 <早く気づいて・早く逃げて>
#早く気づいて・早く逃げて #DV #モラハラ #DV加害者 #DV被害者 #DV啓発 #トラウマ克服

お仲間さんとの会話から【まとめ】

DVモラハラあるあるだなあと

Twitterお仲間さんとお話ししていて出てきたこと

ぼちぼち書いてきたののまとめです
konpeki.hatenablog.com

konpeki.hatenablog.com

konpeki.hatenablog.com

konpeki.hatenablog.com

konpeki.hatenablog.com

konpeki.hatenablog.com

konpeki.hatenablog.com

konpeki.hatenablog.com

konpeki.hatenablog.com

konpeki.hatenablog.com

konpeki.hatenablog.com

konpeki.hatenablog.com

 <早く気づいて・早く逃げて>
#早く気づいて・早く逃げて #DV #モラハラ #DV加害者 #DV被害者 #DV啓発 #トラウマ克服

大切なものを諦め切れずに

腹いせで捨てられていないか心配で

危険を冒して見に戻った日

奴ならやりかねない

かくまっていただいてからひと月ほど経って、やっとこさココロもカラダも落ち着いてきて、本物の脱出=引っ越しの話しも具体化してきたころ、置いてきた私物がどうしても心配で心配で仕方なくなった。逃亡当初から心配ではあったのだが、奴がやっと警察に捜索願を出しに行き、保護されているという事実を知ってしまった今、怒りの腹いせで捨ててしまうのではないかと思ったのだった。

これまでにも前科がある

無意識・無自覚らしいのだが、だからこそ悪気がない過失だと思ってきたのだが、とんでもない心の闇は勝手に働き、大切なもの大事にしているものほど、壊したり捨てたりする。自覚が無いので始末が悪かった。どうでもいいものは壊されていない、という事実を知ったとき、〝こいつらは無意識で意地悪するのだ〟と空恐ろしくなったものだ。

だから、注意しても頼んでも無駄で、「ミスを責める」と逆に被害者ぶりっ子をして、怒り狂い、終いには暴力に及ぶのだから、やられるこちらは立つ瀬がない。

救いようのない生活だった。それもDVモラハラ野郎だけではない。息子も義母も同じだったから、いま思えば心の休まる暇もない生活だったと思う。

 

使えない友人

〝ひとりで行ってはだめ〟ということで、警察に電話をしてくれた例の友人を頼った。私もひとりでは行きたくなかった。〝同性はだめ〟ということも、警察や支援団体から口が酸っぱくなるほど言われていた。奴らは〝オンナとみると舐めまくる〟のだ。

待ち合わせして、さてと現地に向かうと、「家には入りたくない」と言う。「〝不法侵入〟で奴に訴えられたくない」と言うのだ。

留守なのは確認したし、奴と遭うことは絶対にないし、「私の家に私の友人と行くのだ」と幾ら力説しても肯んじなかった。後でカウンセラさんが、「使えない奴だったね」と言っていたが、男性は得てして逃げ腰になり易いのは、その後も幾例かあった。

 

パニックを起こしていた

後で、「チェックリストを作って行くように言えばよかったね」とカウンセラさんに言われた。ほんの5分か10分、各部屋の棚やクローゼットや押し入れを開けて、見てくるだけだったのに、アタマが真っ白で動顚していた。「パニックを起こしていたんだね」と言われて初めて、〝あれがパニックなのか〟と知った。

※ どれだけ嫌か、傷ついていたかが、よくわかった

よくぞ、あんな部屋に住んでいたものだ。逃亡したからこそ、わかった異常さだった。部屋にいるだけで顔から血の気が引いていくのがわかった。とにかく耐えに耐えて、感じないようにしていたのだろう。もう二度と嫌だという思いを新たにした。

20160705

<早く気づいて・早く逃げて>

#DV #ドメスティックバイオレンス #モラハラ  #DV加害者 #DV被害者 #DV啓発 #トラウマ克服

断捨離できるまで

あんな奴に捨てられるくらいなら

どうしても身ひとつで脱出できなくて

逃亡して、かくまっていただき、ほっとひと息つけたのはよかったのだけれど、どうしてもそのまま身ひとつで脱出する気にはなれなかった。大切にしてきた品々は、これまでの私の人生の集大成のような気がして、身が切られるような思いがした。

支援者さんの一人は、モノに執着が無いと言う。彼女の執着の無さがうらやましかった。カウンセラさんは、私には子どもがないから、これまでに働いて揃えて大切にしてきたモノが唯一なのだろう、と言ってらした。

支援者のなかには「捨てなさい全部」と命令するひとがいて、とても嫌だった。後で判るのだけれど、自治体の専門の職員にも〝二次被害〟を与える者もいる。支援者だからといって、全員が全員、傷ついた被害者に寄り添える訳ではないのだ。これまでの経験とか、支援者としての教育の受けかたとか、本人の資質とか、様々なものが絡んでいるのだろう。

悪いひとではないとは思ったが、最後まで好きになれなかった。ご本人は忘れているのだろうか、気にもせず話しかけてきたが、どうしても嫌いだった。憎しみしか持てなかった。〝これまでの私の人生を全否定するひと〟という烙印を押してしまったのだろう。

被害者の人生はそれぞれで、全員が全員、事情も背景も違う。ワンパターンのマニュアルどおりに対処しても、うまくいくわけがないよい例だ。

何故そんなに大切なのか

自問自答の日々が始まる。

かくまっていただいている間じゅう、奴が腹いせで捨ててしまっているのではないかと*1、心配で心配で、危険を冒して確認しに戻ったことがあった。

結局、諦めたモノも多かったのだけれど、〝あんな奴に捨てられるくらいなら〟の執念で、大切なものは殆どを運んで脱出した*2

※ 本当に断捨離できるまで一年かかった

そのころは私に断捨離ができるとは、思ってもいなかった。

20160705

<早く気づいて・早く逃げて>

#DV #ドメスティックバイオレンス #モラハラ  #DV加害者 #DV被害者 #DV啓発 #トラウマ克服

*1:これまで大切なものほど、壊されたり捨てられたりしてきた前科があったので

konpeki.hatenablog.com

 

*2:私の場合、まず逃亡してかくまってもらい、引っ越しをもって脱出が完了するという、二段階になった。それで便宜的に①逃亡②脱出とわけている。

【壊されたもの・捨てられたもの】

大切なものはみんな壊されてしまう

  • 伊万里焼の茶碗(母がくれた)
  • アイロン(母がくれてずっと大事に使ってきたもの)
  • 30年来の写真全部
  • 友だちからのお祝いの茶碗
  • 自分で買ってきた茶碗
  • ガラスの器一式
  • コーヒー・サーバー(2回)*1
  • 九谷焼の小皿(ずっと大切に使ってきたもの*2

※ 鍋類は軒並み傷んでいる
※ ぼろぼろにされた台所用品多数*3

洗剤の容器もそう、
自分の要らないものは何でも捨ててしまう
確認しないし、確認できない*4

<早く気づいて・早く逃げて>
#早く気づいて・早く逃げて #DVモラハラあるある #DV #モラハラ #DV加害者 #DV啓発 #恥知らず #恩知らず

*1:テーブルをひっくり返すたびに犠牲になった。昭和の少年漫画のようなことを、本当にしでかすので、ひどく驚いた覚えがある。

*2:大切なものほど、狙っているかのように、壊される。本人に自覚はなくても、狙って壊していたのだろう。

*3:壊滅的な不器用のせいか、モノを大切に扱えない。モノによるところもあるので、台所用品(特にわたしの大切にしているもの)に対して、大切に扱う気がない。その区別も自覚がない。

*4:やはり、何らかの障害ではないか。その疑いは晴れない。

再掲【DV危険度チェック・テスト】

DV危険度チェック・テスト【引用】

 パートナーの言動は、

 ■こんなふうに感じたことはありませんか

  • いつも彼の顔色をうかがい、神経をはりつめて生活している。
  • 問題がおこるたびに、自分に力がない、自分が悪い、自分のせいだと思ってしまう。
  • 自分は価値のないつまらない人間だと思うことがある。
  • 夫がいないとほっとする。
  • いつも孤独を感じる。

■精神的暴力

  • 馬鹿にする、罵る、怒鳴る。
  • 何を言っても相手にせず無視する。
  • 「お前は何もできない」「役立たず」などと侮蔑する。
  • 子ども、親戚や友人、近所の人などの前であなたを罵倒したり非難したりする。
  • 「誰に食わせてもらっているんだ」「1人で生きて行けると思うな」などとあなたを惨めな気持ちにさせる。
  • 暴力の原因を「お前が怒らせるからだ」などと人のせいにする。
  • 重要なことを相談せずに自分だけで決めてしまい、反論したり意見を言ったりすることを許さない。

■社会的暴力

  • 24時間監視して自由な行動を制限する。
  • 友人・実家との付き合いを制限する。
  • 外出・電話・メール・手紙などをチエックする。
  • 使用人・奴隷のようにあなたを扱う。

■経済的支配

  • 自由になるお金を渡さない。生活費を渡さない。
  • 「女は家にいるものだ」などといって働く事を許さない。
  • 家計管理を独占して給与明細や銀行口座を知らせない。
  • 妻の名義で借金をさせる。

■性的暴力

  • 避妊に協力しない。
  • 中絶を強要する/強要された。
  • 体調や気持ちを配慮せず一方的な性交渉を強いる。
  • 暴力的なセックス(殴る、ねじ伏せる、縛る)を強要する。

■身体的暴力

  • 殴る、蹴る、首を絞める、突きとばす。
  • 髪の毛をつかんで引きずり回す。
  • タバコの火を押し付ける、熱湯をかける。
  • 物をぶつける、階段から突き落とす。
  • 刃物で刺す、車でひき殺そうとする。

※ 一個でもあれば、どこかに相談しましょう。

<早く気づいて・早く逃げて>

#DV #ドメスティックバイオレンス #モラハラ #生活制限 #DV加害者 #DV被害者 #DV啓発

失礼なことに怒れるようになった

ブログを10日も休んでしまった!

風邪と胃痛でダウン

これは失礼だろうと怒りが込み上げる

日記をつらつら読み返してみると、先週は風邪でダウン気味、先週末から久しぶりの胃痛で、活動も食事もダウナーな状況だった。今日はブログ書こうか、いやダウン、の日々が続いていたように思う。

構えてしまうスロー・スターターもあって

 サクッと書けばいいのに、スロー・スターターなうえに、ハマり症なところがあって、ハマっちゃうとカラダが休まらないな、というのがあった。そうして日を重ねること10日間。こんなに休んだのは初めてだった・・

待たされるの苦手

約1か月半に及ぶ就活が、今日終わった。

書類を出して2週間、面接をして3週間。書類を出すまでにも、すったもんだあったから、実際は2か月くらい関わってた。

他のルートも手を打ってはいたけれど、実質的な第一希望の一本釣りで、それは先方にも伝えてあった。

何がつらいって、面接から3週間、音沙汰なしで待たされたこと。

急な寒波に負けて風邪はひくは、胃痛で食べられないは、散々な10日間だった。胃が痛くなって初めて、余程のストレスだと自覚した。

企業としてアリ?

失礼にも程がある

出張があるので、返事は12月4日の週、とは言っていた。が、

12月4日も、12月5日も、今日12月6日も連絡がない。思い余ってハロワの担当者に相談に行ったら、不採用のFAXが届いていると言う。ハロワはこちらに連絡する筋合いはないから、訊かなければ知らなかったのだ。何という失礼な話しだろう。担当のかたにぶんぶん愚痴ってしまった。

自己主張の練習をしようか

電話もなければ、メールも、封書も来ない

NGならNGと、特に早く言ってもらわなければ困る

別ルートの対応(書類の提出等)を急かされていたのもあって、焦って胃が痛かったのだ。慌てて切り換えて、書類の準備をして、提出してきたが、迷惑この上なかった。

こんなこと顧客にもやってるのだろうか。企業としてどうなんだろう、と余計なことまで考えた。

これで何も連絡が来なかったら、「こういうことは止めてほしい。二度としないでほしい。」と自己主張してみよう。非常に迷惑だった。

NGになったことより、失礼な対応のほうが悲しかった。

以前なら泣き寝入りしただろうな

 

以前なら、NGに凹んで自責していただろう 。つらくて自己主張なんて考えられなかっただろう。

今回ありがたかったのは、

  • はい次、とサクサク対応したこと
  • 次のミッションに向けて、切り換えられたこと
  • 失礼なことをされた、と思えたこと
  • 失礼な対応に怒れたこと
  • 立ち直れないほど凹むと思ってたのに、凹まなかったこと
  • 自分を責めてないこと
  • 自己嫌悪になってないこと
  • 何だか開き直っていること

自己肯定感が低くて(自信が無くて)、ココロを病むようなシチュエーションだ。特に、就活と就職には、パワハラブラック企業のトラウマが色濃く残っていて、凹んで、何もできない無気力に陥り、食べられない・眠れないになるのが定番だった。

一生この性格で行くのかな、と半ば諦めていたのに、少しずつ、少しずつ、「自分を大切にできる」成果が現われてきているのを認識できて、何だか本当に嬉しかった。

 <早く気づいて・早く逃げて>
#早く気づいて・早く逃げて #DV #モラハラ #DV加害者 #DV被害者 #DV啓発 #トラウマ克服

加害者と被害者は表裏一体か?

劣等感の塊なのでモラ夫になる説

男に生まれたらモラ夫になっているか?

長いこと疑問だったこと

自己肯定感が低いと

男は他責

女は自責

に陥る

*1

日本は稀に見る〝男尊女卑〟社会なので、教育にも文化にも染み付いている。育てられかた、社会環境、様々な要因が絡み合ってそうなるのか、と書いたら、弁護士の先生が教えてくださった。*2

男性は

・攻撃性が高く

・他者の幸福と自己の幸福を対立的に捉える

ので、モラ夫になる素質がある

他責に陥るのも、自責に陥るのも、不健全な状態だ。
健全な精神を持てていれば、どちらにも傾かない。

共依存のからくり

  • 自己肯定感が低い=自信がない=劣等感の塊

男も女もどちらも劣等感の塊で、男はDVモラ夫になり、女は被害者になる。

どちらも依存が強ければ、その関係から抜け出せないことになるのだ。

確かにモラ夫は弱虫で

  • 弱虫
  • ヘタレ
  • 卑怯者
  • 人間が小さい
  • 生産性を考えていない
  • 器が小さい
  • 弱い者いじめしかできない
  • 打たれ弱い
  • 部分否定が全体否定になる
  • 弱い犬ほどよく吠える

などなど、挙げるときりがないが、ぴたりとあてはまる。

自信がないから、身内を貶めて自分を高め、安心を得ようとしていたのだった。

外でやらないのは、本当に自信がないので怖くてできず、内でしかできない本物のヘタレだからだ。

もしかして私はモラハラ気質?の恐怖

ずっと長いこと疑問だった。〝ああはなりたくない〟と心から願って生きてきたが、もしかして私も「あいつらと同類だったらどうしよう」と考えるのが恐怖だった。「現実から目を逸らしてはいけない」「現実に直面する勇気を持とう」と努めて、流さずにはきたが、絶望的な気持ちだったのは否めない。

私にも同じ素質があると思うのが順当ではないか。

〝同じ〟と言うならば、〝自信がない〟〝劣等感の塊〟というのは同じだった。

長年の疑問が氷解した。ほっとして、嬉しかった。

 自己肯定感を高めればよいだけ

死んでも〝ああはなりたくない〟野郎どもと同類ではない、と判っただけで、本当に安心した。自責でも他責でもないひとになるためには、自信をつけるだけだ。

この作業(自己肯定感を高める=自信をつける)は、トラウマ克服のためにずっとやってきたことであり、それをそのまま踏襲して、続けてゆけばよいだけなのだった。

DVモラハラ男に引っかかるなど、ハラッサーの餌食になり易い人生が嫌で、何としてでも抜け出したいと願い、トラウマ克服の延長線上で、自分の心ぐせに気づいた。「これでは自信も持てないし、ハラッサーの餌食にもなる訳だ」と理解して、少しずつ少しずつ努めてきた。

ン十年もこの心ぐせでやってきたのだから、一朝一夕には抜けられないし、自動思考で動いてしまうことも多い。それでも、意識しているだけでも違うと思っている。

  • 意識して、自分の感情に語り掛け
  • 嫌なことは嫌と自己主張するように努め
  • マイナス感情を溜めないように気をつけ
  • 脳内の自責マンを追い出し
  • 楽天的になり、少しは自惚れ
  • 自分を褒めてやり
  • 自分をいたわってやり
  • できなかったことより、できたことを数え
  • たまにはご褒美をやり
  • 嬉しいこと楽しいことを愉しみ
  • 完璧主義を辞め
  • 失敗を怖れずに何でもやり
  • 開き直り
  • カラダの声に耳を傾けて休み

あと何だろう。自己肯定感を高めるためにがんばってる皆さん、教えてほしい。

世界が明るく、風景が美しく見えてきた。飲みものも食べものも美味しい。

<早く気づいて・早く逃げて>
#早く気づいて・早く逃げて #DV #モラハラ #DV加害者 #DV被害者 #DV啓発 #トラウマ克服

*1:Twitterの先輩のかたが教えてくださった

*2:先生は男性