早く気づいて・早く逃げて

DVからの脱出の経緯について書いています。

ハラッサー・ホイホイの歴史

Gホイホイではあるまいに

〝ハラッサー〟というのは〝ハラスメント〟する者
〝バタラー〟(暴力を振るう者)という言葉もある

幼児期~ティーンエイジャー
  • いじめ*1
  • 過干渉な親
  • 女子高グループのめんどくさいやつ*2
  • 女子高の周りの不審者*3
  • 痴漢
社会人になってから*4

自覚をして抜け出さないと

※ 被害者体質(?)は自然と加害者を寄せつける。この事実は、非常にショックだった。

 オルガさんはそれでも、そこから抜けられること、そうでないひとになれること、を教えてくれて、希望を持たせてくださった。

私の中のわたしたち――解離性同一性障害を生きのびて

私の中のわたしたち――解離性同一性障害を生きのびて

 

全ての〝ハラスメント〟は同根・同源

(の立場)から下(の立場)への支配・被支配の関係性

  • いじめ
  • 虐待
  • 痴漢
  • 性犯罪
  • セクハラ(セクシャル・ハラスメント)
  • パワハラ(パワー・ハラスメント)
  • マタハラ(マタニティ・ハラスメント)
  • アカハラ(アカデミック・ハラスメント)
  • DV
  • モラハラ(モラル・ハラスメント)*10
  • etc.etc.

 ハラッサーの構造については、過去記事にも書いておいた。こちらの主旨は、「自分の人格的な課題ではなかった」というものだが。

konpeki.hatenablog.com

 <早く気づいて・早く逃げて>
#早く気づいて・早く逃げて  #DV #モラハラ #DV加害者 #DV被害者 #DV啓発

*1:私は学年で一番小さかったので、ターゲットの典型だったろう

*2:大奥とか韓国ドラマの歴史ものの女官とか、ああいうの特に苦手

*3:登下校時間に「変なの」が居るのは当たり前だった。露出狂、ピンクネグリジェの男性、自慰を見せつけるの、声をかけてくるの、何でもアリ。警察沙汰にもならないのが普通だった。「不快でもやり過ごすしかない」そういう洗脳だったと今では思う。

*4:受けてないのは「マタハラ」くらいなものだろう

*5:日常茶飯事なのは、世の女性はみんな知っている

*6:フレンド(友)+エネミー(敵)の造語

*7:「女のくせに~」は聞き飽きた

*8:学部生のとき、「オマエの答案はオレが採点してる」と大学院の先輩に脅された

*9:①「素手とタワシでトイレ掃除しろ」と社長夫人の総務部長が強制する会社
労働基準法などドコ吹く風の、ワンマンの人格破綻者が経営してる中小企業なんてゴマンとある
③途方に暮れていたところで、DVモラハラ野郎にひっかかる

*10:〝精神的虐待〟も「虐待」であり〝心理的DV〟もDVの一形態です。